はたけに植わる舟

無駄を模索している

思えば陸上部のアイツは足がつるつるだった

f:id:hatakefune:20190307212308p:plain

マイ・ダーティ・レッグス

 

私の人生はランニングに左右されてきたといっても過言ではありません。いや、本当に過言ではない。

中学へ進んだ頃、私はそれまで続けてきた野球を続けるかどうかを判断しなくてはならなかったのですが、通う中学校の野球部には部員をよく走らせることで界隈に名を馳せたベテラン顧問がいました。ウエティというヒマラヤの怪物みたいな呼び名で代々部員たちから畏敬されてきた(に違いない)先生です。ノーマルな走り込みにすら嫌気がさしていたモヤシ脚力・モヤシ根性の二刀流である私は、選択の余地など無く違う部活を選ぶことにしました。

誰しも1通りの人生しか歩めないことは百も承知です。しかし私はどうしても、この時に違う選択をしていればまるっきり違う人生が歩めていたんじゃないかと今でも思うことがあったりなかったりする。

現実の選択がどう結果したかというと、まず野球部の顧問は私の入学した年から新任に変わってめちゃくちゃ走らされるなんてことはなくなっていました。入学当初そんなこととはつゆ知らず、私はありもしないランニングの虚像に踊らされ逃げるように卓球部に入部。卓球部は走らんだろwとたかをくくったが愚物。なぜかじゃんじゃん外周をやらされ、もう野球部とどちらが多く校外を周回したかも分からない始末。そして、ご存じの通り卓球部はオタクの巣窟。巣立つ頃にはもう立派なオタクとなって一人前に世を厭っていました。

結果として出来上がったのは、一般からこぼれ落ちたやや卓球のできるオタク。まあ卓球はそれなりに面白かったし今でも野球は好きだから、失った物は何もない。何もないはず……なのに……あのときランニングに立ち向かうだけの強靱なボディと精悍なハートを持ってさえいればあるいは……

 

といった具合でランニングは私の人生を左右してきた。

そして今、私は再びランニングに立ち向かわなければならない現実<リアル>に直面している。

というのはこの間、冴えきった私の頭に「この足で24時間走ったり歩いたりし続けたら俺ってばどこまでいけるんだろう」という疑問・オモシロアイデアが降ってきた。でもさすがにろくに走りもしていないモヤシでは、ひたすら歩くだけになってちょびっと行ったところでシンド!wで終わるのが目に見えている。

だから少しでもその距離を伸ばすために、事前にトレーニングを積み、微強化モヤシとなって己にアッと言わせてやりたいわけだ。

そういうことで今、云年ぶりにランニングと絶賛にらみ合い中。そういいつつも、私はランニングに二度目の敗北を喫すつもりなど毛頭無いわけで、トレーニングに向け実に入念な下準備を行った。

まず、ライザップ方式で、すなわちお金をかけることで自分を追い込んだ。走るためだけの(この時点で従来の私には到底理解できない)ランニングシューズを買い、スマホなどを入れるランニングポーチを買い、肉体をより洗練するためにプロテインを買った。

もう後戻りはできない。親はそんなものを買うために仕送りをしているんじゃない。どうせ泣かせるなら何かを達成して泣かせよう。そういうやる気が出た。

 

走ってみた。20分も走れなかった。めっっちゃしんどかった。つらかった。

まったくそのとおり。半ギレでランニングってなんなの?と心底思った。(このアカウントで更新報告などしているのでよかったらフォローしてください現在フォロワー1)

 

ダメだ。初っぱなからこんなんじゃ、トレーニングを続けることはおろか、当初の企画さえ総倒れになってしまう。そもそも走れないヤツがちょっくら走ろうだなんて間違ってたんだ。またこんな苦しみを味わうのはいやだ。ああもうダメよ~ダメダメ……

そのとき、ランニングの神が手を差し伸べるかのように、脳裏にひらめくものがあった。そうだ

 

陸上部の奴らってスネとかきれいだったよな

KOREDAッッッ!!!!!!!!!!!!!

走れる人は大抵うまそうな手羽先のように足がシュッとして毛がなくてきれいだった。スネとかが毛むくじゃらのやつは大抵足が遅かった。足の毛が薄ければ薄いほど陸上部っぽくて足が早そうだった。

地獄の底に差し込んだ一筋の光明。やるぞ!

 

 

f:id:hatakefune:20190307214807p:plain

 

うおおお

おりゃおりゃおりゃ

 

 

f:id:hatakefune:20190307214956p:plain


ピト……ジョリ……

 

 

f:id:hatakefune:20190307214912p:plain

 

うおおおおおおおジョリジョリジョリ

 

 

f:id:hatakefune:20190307215207p:plain

 

P!!!!!!!!!!(あそこは別に露出したわけではありませんが不安だったので隠しました)

 

思わず田んぼアートがごとくスネにパーキングマークを描いてしまいました。雑にジャッジャやったせいで多少流血しましたがランニングと戦うためにはこれしきの負傷なんともありません。

ついでにやたらボーボーな太もも裏の毛も刈り尽くし……

 

before

f:id:hatakefune:20190307215727p:plain

ahutaa

f:id:hatakefune:20190307215846p:plain

 

オッケイ!!!

これで私も足きれいで早い族の仲間入り!!!

よ~~~し新しくなった足でひとっ走りいってこよ!!!

 

短パン履いてっと……それじゃ

 

f:id:hatakefune:20190307220313p:plain

 

いくか!!!!!!ほんじゃまた!!!

 

チャンチャン。

 

 

今日の自己評価

★★★☆☆

勢いを感じる。二度目のランニングは前よりも少し息が保った。