未来無職

― こんにちは ―

東京へ行き面接を受け、童貞を捨てるまでの話

m.youtube.com

何でもあり、何があるかわからない街、東京。

そのよくわからなさに浮かされた結果、一夜にして童貞を失った就活生がいる。具体的には、一夜とは50分であり、17000円だった。帰朝の夜行バスに揺られながら、今、フジファブリックの『東京』を聞いている。この曲はライブ中のミスをきっかけに生まれたのだとネットに書いてあったけど、同じようなノリでさっき童貞を卒業した。

なるほどな。

音楽が生まれ、童貞は失われる。”東京あるある” といった感じがする。大げさに言うあたりまで含めてテンプレか。

これから、その経緯についてここに記す。本当になんでもない話なんだけど、僕にとって大事な今日という日を弔うインターネット海洋葬とさせてほしい。ただ今日はもう疲れたので、以下後日記述。

 

就活生である僕は出版社の一次面接を受けるため、東京行きの夜行バスに乗っていた。車内は4列シートの窮屈空間で、ろくに睡眠をとることができなかった。真っ暗ですることもなくて、仕方が無いから面接後帰りのバスまでの時間をどう潰すか考えていた。偶然同じ選考を受けることになっていた友人と飯を食う予定はあったが、それだけではどうにも手持ち無沙汰と思われた。僕も友人も人混みを観光して喜ぶタイプじゃなかった。

そこでふいに閃いたのが、風俗だった。面接後、友人と落ち合って唐突に「あ、俺風俗行ってくるわ」といって童貞捨ててきたら面白いだろうなと思った。夜行バスでも深夜は深夜で、ちゃんと深夜のテンションだったのだと思う。私は業界研究よりもはるかに深い精研を発揮し、東京に着く頃には一通りの風俗情報に通じていた。

バスを降り、朝マックを食べ、風俗に電話した。

書くには易いが、どの店、どの嬢にするかが難問だった上に、予約となると逃げがきかないという心理的な難しさがあった。電話に至るまで2時間以上は尻込みしていたと思う。だから電話を終えた後で、我ながら大いなる一歩を踏み出した、思うことになるはずだった。

「もしもし。あの……〇〇さんという方で、明日の予約をしたいんですが。ネットにはTELとあったので」

「あー。TELというは原則的に埋まっている状態でして、TELと×は要するに予約できないという意味なんです」

「あ、そうなんですか」

「はい」

「分かりました失礼します」

バカヤロ。TELってなんだ、テレフォンだろうが。〇と×とTELがあって、どういうわけでTEL=×の意味合いが成立するんだ? おかしいだろ。なんなんだ一体。

全身にアホクサ音頭が流れ始め、 情緒が終わった。発信するまでにつぎ込んだエネルギーの分だけ気が萎えた。界隈の人にはあたりめーだろと思われるかもしれないし、何をそんなに、と思われるかもしれないが、事を起こすこと自体僕にとってはビッグなイシューだった。こんなことなら初めから変な気を起こさなきゃよかったと考える小心者なんだ僕は。

パネマジにかかるまいと熟考を重ねぬいて選んだ目当てが予約できないのなら、もう仕方がない。残エネルギーでは他を当たることも能わず、頭を無にして一度現状をリセットした。

僕は面接を受けに東京へ来たんだ。

面接は明日、今日は東京に在住する兄のところで前泊する。するつもりもなかった余計なことがおじゃんになっただけで、本来の目的は難なく達成させられる。むしろ、面接帰りに童貞捨てるとか気の違えた奇行をせずに済む。お金も使わず済む。明日は友人と適当に観光して帰ればいい。それでいい。それがいい。

そんな風に自分を落ち着けながら、東京を歩いた。気づくと一時間半以上歩いていた。履き慣れてない靴で大きな荷物を持ち歩いたもんだから、盛大に靴擦れした。早稲田あたりで靴擦れが臨界し、そこからは電車で兄宅へ向かうことにした。

翌朝、仕事へ向かう兄と発つ。せっかくだし観光に使え、と兄に一万円を頂戴した。さすが。朝帰りし酔いに嘔吐し夜にはまた合コンへ行くような人間はやはり豪気。引いたDNAが強い。

使いみちねーなと思いながら僕は再び朝マックを食べ、きたる面接へ備えた。

面接は和やかに終えた。

最後の質問で、宝くじで10億円当たったらどうするか聞かれ、妙案もなかったので適当に答えたら「この質問すると、だいたいみんな親にあげるっていうんですけどね」と面接の人が笑った。私も手を打って「全く頭にありませんでした」と笑った。「確かにそれいいですね。半分あげます」と言うと、「半分あげてください」と面接官もニッコリ。みんな笑顔で良かった。面接は落ちた。

その後、友人と落ち合い、面接について話しつつ秋葉原に向かうことにした。暇つぶしにメイド喫茶を提案したら、まあそうするかという感じでお互いまずまず微妙な乗り。双方面接の疲れからか、脳機能がまるで働かず逆方向の電車に乗ったり、無意味に改札を出たりして無駄足を踏みまくった。ようやく岩本町に着き、そこからアキバへ歩いて行くか、といったところで私は真っ青になった。

あれ。財布がない。

そんな馬鹿なとポケットからバッグまでひっくり返したが、確かにない。

あわわカード類に免許証に鍵に兄からもらった一万円、あわわ水の泡……。

損害と手間を想像し途方もない絶望に包まれる感覚は想像に易いと思う。人生のどん底とはつまり財布をなくしたとき。駅員さんに話をしてから、心当たりのあるところに戻って探そうとホームへ降りる。そして、にわかに気づいた。手提げバッグのサイドポケットがややもっこりしている。よく見ると財布がのぞいている。

あるやん。

友人、駅員さん。みんなごめん、そしてありがとう。

降ってわいた絶望に、わいて降った光明。なくしたときがどん底なら見つけたときが頂天だ。あったはずの手間と損害は霧散し、なくしたはずの一万円を手に入れた。つまり、兄からもらった一万円は財布の紛失と発見によって二万円に化けた。

これ以上のことはない。この二万で風俗にいこうと僕は思った。

神風が吹くとはこういうことなのかもしれない。「うひょw二万ゲトw俺風俗行ってくるわw」と財布騒動で一方的に迷惑かけた友人に一方的に別れを告げ、昨日の店とは別の店に電話し、パネルをろくすっぽ見ず適当な嬢を予約した。そしてその数十分後には童貞を捨てていた。

読者が読みたいのはおそらくその内容だと思うけれど……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→<ここから先は有料コンテンツです>

 

 

 

嘘。面白くない冗談。ちなみに内容も大して面白くない。

まず吉原のソープなので最寄り駅から送迎があった。前日に足裏をやられていたのでとても助かった。聞いていたナンバーの車に乗り込もうと近づいたら中からおっさんが出てきてびっくりした。おそらく事を終えた利用客だと思われる。古めのビルの店内はそれなりの小汚さで、通された待合室にはやっぱりおっさんがいた。

程なくして嬢と対面したが、外見は別にどうもこうもなかった。良い意味で普通だったし、そもそも私自身人の外見にどうこう言う立場にない。ざっくり言えば、ぱっと見25前後のむっちりめの背低め。あと普通(女性に対する解像度が死んでいるので普通としか言えない)。当日の夕方に電話したものだから、いわゆる地雷に当たらなかっただけ安心した。料金は格安50分17000円。

舞台は六畳間に浴槽とシャワーをダイレクトに設置したみたいな風俗店特有の異常空間。流れとしては、なんか適当にしゃべり、脱いでシャワーして湯船入って歯磨き、うがい、プレイ。うがいはイソジンみたいな消毒液がコップ1杯分もあった。

プレイは手コキやフェラなどのオーソドックスなやつから始まった。永く幻想のままおかれていたそれらは悲しいくらいに想像通りで、終始お金を対価にやってもらっているという自意識だけが頭にあった。嬢のスレた感じが余計そうさせたのかもしれない。と、いいつつも他人の体温を感じるというのは確かに良かった。体温が良かったです。

想像通り~とか思っちゃってる中、ひとつだけ、乳首をなめられるやつだけは想像以上だった。男の乳首とかなんのためにあんねんとか思っていた以前の己を恥じた。ひょっとすると、手コキとかいいから乳首だけずっとなめてもらいたいかもしれない。(書いて悪寒、読んで悪寒)

そんなこんなやってる間に、入れるねと言われて気づいたら私のナウマンゾウはずっぷりと膣に入っていた。

歴史的瞬間を迎えた。中はあったかかった。ガガーリンの言っていたことは本当だった。

しかし、どうだろう。

いうほどの年季ではないにしろ、セックスというものに特別さを期待しすぎていたか、童貞という内面的なレッテルに重みを感じていたのか。童貞から解き放たれた感慨を僕は探していた。

ここまで長い道のりだったじゃないか。上にまたがる女の子を眺めながら、たった今自分が得た物を探していた。彼女は申し訳程度の喘ぎ声を上げながら、せわしなく乳酸の溜まりそうな運動をする。これがセックス……?

僕はナウマンゾウを中に入れたままいくことができなかった。中でいくことがこんなに難しいとは思わなかった。結局、時間に急かれて手コキで出した。サービスを終え感じたことは、あの空間には一厘の感慨もなかったということだ。形だけのセックスをしようが、心は童貞のままなのだった。

終了後には軽いアンケート調査があった。接客態度だとか、サービスの質を問うもの。良い・普通・悪いなどの評価軸があり、私は片っ端から”普通”に丸をつけていった。またサービスを受けたいかの質問には”いいえ”と印した。

おそらく、私が再びこの手の風俗を利用することはないだろう。それはそれとして、100点満点で点数をつける項目だけは、100点と大きく書いて店を出た。厚意の送迎は断った。

 

以上が主な顛末となる。それからは特筆すべきこともなく京都へと無事に帰った。

強いていえば、帰り道吉原のキャッチに「もうやってきたので」と満面の笑みで断ったら「もう一発!」と元気に返されたのと、自宅の最寄り駅で謎のマイルドヤンキーに遠距離かつ小声で絡まれたことくらい。返事はしなかったけれど、朝6時にもならない時間に起きてて偉いと思った。

何から何まで空虚だった体験から得た物があるとすれば、それは乳首の快感と嬢からの忠告か。

終わった後、嬢に「あまり強く自分でしすぎると、女の子でいけなくなるよ」と諭された。実感のない生知識としては聞いたことがあったけれど、なるほど、どうやら僕も危ないらしい。(手遅れでは?)

つまるところチクニーでいけるようになれば解決するわけだから、神にその道を示されたとでも思っておこう。

そういえば、あの時、会話の流れで嬢に好きな音楽を聞かれた。僕は「フジファブリックとかサンボマスターとか」と答えたら、「どっちも知らないw」と笑われた。最近はやっぱりあいみょんらしい。

 

 

 

おわり