未来無職

― こんにちは ―

【vol.3】俺のアニソンベスト100が決まったから聞いてくれ

 前回

 

  vol.3 11~15曲目紹介していきます。

 

本日の5曲はこちら

 

 

 じゃあさっそく!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

Open your eyes / 『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』


亜咲花「Open your eyes」Music Video

 

 オカルティックナイン(2016)ED。ゆるキャンOP(シャーイニーデイのやつ)で有名な亜咲花のデビューソングです。シャーイニーデイのやつもいずれ出てきます。

 アニメ本編はやたら早口でしゃべってたなという印象。早口でしゃべってたな~という印象しかない。

 

 厨二病なので当然こういうのも好きです。

 なんでこの曲好きなんだろうなと考えたらやはり"心に潜む厨二病の俺"を自覚するほかありません。

 カラオケで歌うと数字のカウントダウンのあたりで「あれ? もしかしてこれ歌う自分イタい?」となるかもしれませんが、アニソンってそういうものなので大丈夫です。それが正常。

 

 100曲のなかで言えばそれほど上位ではないのですが、シャッフルでたまにかかるとヒュー!となるので入れてます。飽きないプレイリストには何より幅が大事です。厳選しつつも数を用意できると全てが捗ります。

 

<ここすきポイント>

2番Aメロの「言い訳の数ウィィヒ被害者意識を」のウィィヒ

 

 

 

LAYon-theLINE / 『賭ケグルイ』


D-selections / 「LAYon-theLINE」MV(TVアニメ「賭ケグルイ」エンディングテーマ)(Short Ver.)

 

 賭ケグルイ1期(2017)のEDです。せっかく出来の良いEDなのにMVしかなくて人間の顔を見なきゃいけないの本当に癪。曲は最高。

 

 

 ニコニコにありました。最初に謎の編集ミスがありますが

 下品なのにお洒落って凄くないですか? 音楽と合ってるしキャラも立ってるしめっちゃアニメにフィットした良いエンディングだと思います。なんか笑っちゃう感じがアニメの特徴をよく捉えてます。

 

 TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDっていう名前長ユニットが作った曲です。ウィッチクラフトワークスのED(ピッピコピッピコのアレ)もこの人たちだそう。ピッピコも良い。

 

 ボーカルは男1女4の歌歌う系声優ユニットD-selections。

 コーラスがすこぶる良いですよね。アイドルとかにありがちですけど、人数多いくせに箇所を分けてるだけだったり声重ねてるだけのユニットは本当に価値がない!(暴論!)

 

 

<ここすきポイント>

安寧なんてナンセンス 混沌こそが自っ由~

 

 

 

mind as Judgment / 『CANAAN』


CANAAN OP 「mind as Judgment」 HD

 

 『CANAAN』(2009)のOPです。かっちょヨ。

 作詞畑亜貴は言わずもがな作曲の上松範康もオタクならどこかで摂取している可能性が高い人です。オタクが好むDNAの塊みたいなもんですよ。ボーカルは飛蘭。

 

 OP映像の銃バンバンを見ていただければわかるとおり、これもまた”心の俺”をくすぐってくるやつです。(この手の曲、英語でカウントダウンしがちだな)

  だいぶ風味は違いますが、Open your eyesに比べて洒脱なかっこよさがあります。

 

 ところで僕はアクションやってるくせに日常ものばりにキャラが華奢なアニメが嫌いなんですが、その点CANAANはちゃんとしてました。肩・背筋丸出しで戦う筋肉質な女が見られます。こういうのでいいんだよと声高に言いたいです。

 

 ……そういえばアニソンって基本女性ボーカルじゃないですか? 夕方やってるアニメや昔のものも含めるとそうでないかもしれませんが、深夜アニメのOPEDって基本女性のイメージがあります。

 

 そういう、イメージが、あるなあ。

 みつを

 

 

<ここすきポイント>

数字カウントダウン以外

 

 

 

たった1つの想い / 『ガンスリンガーガール』


たった1つの想い -KOKIA Tatta Hitotsuno Omoi

 

 ガンスリンガーガール2期(2008)のOP。音楽しか評価するところがないガンスリンガーガール2期のOP。作詞曲歌KOKIA。

 1期は音楽含め易きにつかないタイトなシリアスアニメでありえん良さみが深いのですが、2期は完全に易きに流れたすっとこどっこいです。

 演出が臭くなったり目がデカくなったりとポピュラー方面に余計な舵を切った結果、特有の良さが消滅し、聴けるアニソンだけが残りました。曲自体は全くポップではないのですが、スコットランドの渋渋バンドだったりガチガチのクラシックだった1期のOPEDに比べれば音楽もだいぶポピュラーに寄ってると言えます。

 

 

 それはそれとして、曲の良さ。兵器化された少女の自我、死への向き合い方、オタクの好きなやつもろもろが込められた感情ソングです。

 

 

 

2期リメイクたのまい…………

 

 

 

doll / 『ガンスリンガーガール』


doll Full (Lia ver.)


doll Full (Aoi Tada ver.)

 

 同じく音楽しか評価するところがないガンスリンガーガール2期のED。歌手(Lia、多田葵)違いで2バージョンある。作曲麻枝。AB!で見たセット。

 Liaのほうが上手だし聞きやすいんですが、コンセプトに対して声力強すぎない?と思わないでもないです。多田葵のほうがアニメの命題を活かした曲になってる気がします。まあぶっちゃけどっちでもいい(良い意味で)

 

 アニソンといえばオタクはもってけセーラー服みたいなアキバ系を連想しがちですが、経験上そういうコンセプトが尖ったハイテンション曲はプレイリストの異物になります。

 そういうのは本当に好きでなきゃなかなかしんどい(特にフルともなると)ので、僕の100曲の中にはあまり入っていません。

 一方でこういう穏やか系のコンセプト曲は「あってもいいね」となれるので比較的入りやすいです。

 ちなみにこれは今なんとなくのフィーリングだけで書いたものなので後にバリバリアキバ系ハイテンションが来ても怒らないでください。

 

 曲の話をしてませんでした。後半クライマックスに近づくにつれてピアノとかストリングスが迫真になっていくのが好きです。

 

 あとはまあ……

 雰囲気とか……

 

 

<ここすきポイント>

雰囲気

 

 

 

以下サブスクまとめ

サブスク配信情報

  googleのやつ spotify apple music AWA アマプラのやつ aniuta
Open your eyes ×
LAYon-theLINE
mind as Judgment × × × × ×
たった1つの想い × × × × × ×
doll × × × × × ×

 

 やっぱり古いと厳しいですね

あとGooglePlayMusicから亜咲花がいつのまにか消えててキレました!