未来無職

― こんにちは ―

【vol.11】俺のアニソンベスト100が決まったから聞いてくれ

前回

 

 第11回。今回も良い曲しかない。なぜなら良い曲しか集めていないから

 

 

本日の5曲はこちら

 

 

Sweet Duet (New Version) / 『ストライクウィッチーズ』


ストライクウィッチーズ2 【17. Sweet Duet (New Version)】

 

 今世紀で最も熱いアニメ、ストライクウィッチーズの2期(2010)6話の挿入歌です。百合の代名詞エイラーニャ回の大気圏BGMなので、宇宙規模の良さがあります。作曲Funta7。

 

 今世紀で最も熱いは過言でしたが、12年前のアニメにもかかわらず今なお新しいコンテンツが続々製作されている類稀な作品なので、そういう意味では今からでもおすすめがしやすいアニメではあります。そういう意味じゃない点では露出が過激なので全然おすすめしやすくないです。

 

 アニメで使用されたのはこのNew versionですが、CD版のギターサウンドがあるやつのが曲単体で聴くときは良いです。

 


Sweet Duet

 

  このバージョンですね。

 

 実を言うとエーリカ・ハルトマンのキャラソンの2 hundred overのほうが100倍好きだったりするんですが、キャラソンは入れない方針だったのでSweet duetはその代打みたいなところがあります。

  あと、5曲ずつ紹介していく中でこのあたりに1曲いれておかないと後々同一アニメの曲が別記事になっちゃうという事情もあって、急遽入選した面もあります。

 それと単純にストライクウィッチーズという作品に対する色眼鏡もかなりあります。

 

 ちょっと正直になりすぎましたが、それはそれとして良い曲なので大丈夫です。

 100万回聴いてウラル山脈になりましょう。

 

 

<ここすきポイント>

2番Aメロのエイラパートすこ

 

 

 

約束の空へ 〜私のいた場所〜 / 『ストライクウィッチーズ』

 

 同アニメ劇場版の主題歌です。色眼鏡第2号。

 1番はスト魔女おなじみの石田燿子、2番以降はキャラ歌唱です。

 

 もとが映画じゃない普通の通期アニメの劇場版は面白くないという偏見が僕にはあるんですが、ストライクウィッチーズの劇場版はええやんと言えるだけの見応えがありました。

 

 この曲も普段から聴くのかというと聴かないですが、かつてスト魔女の話をするためにtwitterのオタクアカウント作った身からすると入れざるを得ないです。オタクとはそういうものだから

 

 OPやEDは控えめに言ってチープな曲が多いです。先述したエーリカのキャラソンやGOOD MORNING!!(エイラのキャラソン)、private wing(ゲームの主題歌か何か)とかのほうが聴けます。

 

 でもまあ総じて僕は好きなアニメなので大丈夫ですね。?

 

 

<ここすきポイント>

ストライクウィッチーズ

 

 

 

LOVE & ROLL / 『センコロール』

 

 

 センコロール(2009)の主題歌です。supercellの君の知らない物語のカップリングでもあります。しかし明らかにただのB面ではない。

 

 持ちうる限りのオーディオ機器を総動員してでっけめの音で聴いてください。裏拍でノって気持ちを乙女にチューニングできるタイプの人はこの曲に向いています。

 アニソンをdigってて良かった~~と僕が心底思った曲です。まさか君の知らない物語のシングルにこんな名曲が収録されているとは、知らない人も多いんじゃないですか。

 

 なんといっても詞が良い。さすが素面でメルトを書いた男・ryo。

 「女の子女の子したいの」

 「Shy な boy 演じてるわりには さっきから目線が胸元だよ?」

 「フリフリしてる hip の尻尾」

 「名前くらい呼び捨てにしてみて」

 

 ああ~。僕が王様の独裁国家だったら女にこの曲を歌わせることに成功したryoには報奨金100000万円に加え禁固1000000年を言い渡します。

 

  詞なんか聞かねえという蛮人の方も安心してください。キレたシンセサイザーとこのビートを聞けばその死んだ脳細胞も思わずアンチエイジングしますから

 

 センコロールは続編を告知しておきながら長らく音沙汰を消し死んだと思われていた短編アニメ映画ですが、 最近よみがえって2が劇場公開されていました。見に行きたかったけど公開劇場が少なすぎて無理でした

 イメージトレーラーのBGMもめっちゃかっちょ良くてセンス〇

 

 

<ここすきポイント>

「Lock on キミはもうメロメロ」の"Lock on"には神が宿っている

 

 

 

爆走夢歌 / 『ソウルイーター』


 ソウルイーター(2008)の3クール目ED。アーティストはみんな大好きDiggy-MO'です。

 

 夕方アニメは一般に売れてるアーティストとかが多いのであえて掘ろうとは思わないですが、ソウルイーターは挙げておきます。なぜならみんな大好きDiggy-MO'だから

 そういいつつも、爆走夢歌はあまりDiggyismを感じない、コンソメパンチというよりはのりしおみたいな曲なのでDiggy比で言えばそれほど好きじゃありません。

 

 Diggyの風を感じるにはJUVES、UNCHAIN、Love' Junk、MUZiiKFVCKあたりがおすのすめです。僕はソロとSOUL'd OUT時代の曲を64曲ぶちこんだプレイリストをシャッフルしながら毎朝出勤しています。

 

 bro.hiは最近ネットラップやってたり元気そうですね。S.O再結成したら泣いて喜ぶ人たくさんいると思うので、早いとこなんとかしてほしい。

 

 

<ここすきポイント>

2番サビ「いつも聞こえてくる 仲間たちの声が」で後ろのドアから第二第三のDiggyが出てくるとこ

 

 

 

ハルカトオク / 『宇宙よりも遠い場所』


宇宙よりも遠い場所 挿入歌「ハルカトオク」

 

 宇宙よりも遠い場所(2018)の挿入歌です。各所で効果的に挿入されまくりアニメをよりパーフェクトなものにした。歌はsaya。

 

 あなたは気づかなかったでしょうが、実はよりもいが喚起する「なんか良いアニメだったなあ」という感情はすべてこの曲によって生み出されているのです。

 「狙った感まるだしの青臭アホ臭アニメじゃん」なんていう野暮はこのエモーション塊によって完全に脱臭され、脳内の”理性派な俺”もたやすく無力化されてしまいます。

 よりもいブームの正体はまさしくこの曲にあったということなんですね。

 しらんですけど

 

 音のシンプルさ、歌の技巧感のなさ、そこがまた良い。ごちゃごちゃしがちなアニソンの多い中、とても洗練されている。そんな気がする。そういうことにしている。

 詞もまた良い。「おっきな夢を」が「でっかい夢を」になったラスサビ、まさしく大きく出ている感が高まりたかメロン。靴紐結んで一歩踏み出す像がもう見えてるね

 

 本編はたしかに良かったですが、そんなに持ちあげるほどか?という逆張リストの謎逆張り評価が自分のなかにあります。もっと面白いアニメがたくさんあるはずだ、みたいな感情で作品の評価を下げるのなかなかやばえ

 

 

<ここすきポイント>

エモいントロ

 

 

今日はここまで

以下サブスク

サブスク配信情報

  googleのやつ spotify apple music AWA アマプラのやつ aniuta
Sweet Duet (New Version) × × × × × ×
約束の空へ 〜私のいた場所〜 × × × × × ×
LOVE & ROLL ×
爆走夢歌 ×
ハルカトオク × × × × ×